ツキ金、ツキ鉢、ツキ神社 〜前編〜

0

    今日は、今年に入ってからの
    できごとを書いてみたいと思います。

    でも長くなりそうなので2回に分けたいと思います。^^
    ということで今日は、前編ね(・∀・)


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




    2015年の幕開けの日、元日に、私、


    お金を拾いました。



    その額、








    2円。



    さっき拾いましたと書きましたが、正確には、

    私、その2円を助けたのです!





    ┌┤´д`├┘助ける?



    あ、そっか。^^
    わかんない人もいるかもね。^^
    では、ちょっとこれを読んでみてください。


    『斎藤一人の百戦百勝』(東洋経済新報社)より

    「いいかい、どこかに1円玉が落ちていたら助けてあげるんだよ。
    汚れていたらきれいにしてあげるの。そうするとね、1円玉のお父さんが
    「子供を助けてくれて、ありがとうございました」とお礼を言いに来てくれる。
    1円玉のお父さんは5円玉なの。その5円玉のお父さんは10円玉。
    そうやって、50円、100円、500円、1000円、5000円、そして1万円と続く。
    1円玉を助けてあげれば、皆、集まってお礼に来てくれるんだよ。 」



    面白いでしょ〜。
    だから私は、落ちてるお金を見つけたら
    必ず助けるようにしています。
    ま、なかなかそういうこともないけれど。^^

    あと、一人さんはこういうお金のことを
    「ツキ金」とおっしゃっていました。
    ツイテルお金だから、ツキ金なんだね!

    そんなツキ金を元日に手に入れるなんて、
    なんてツイているんでしょう〜〜ヽ(‘ ∇‘ )ノ

    とはいえ、このお金をどうしたらいいものか??
    ちゃんと使って世に回さなきゃお金の意味がないけど
    2円もあるから(笑)、1円は誰かにあげようと思いました。
    せっかくのツキ金だもんね。シェアしないと〜!

    ところで、話は昨年末にさかのぼりますが、
    郵便局でお年玉キットカットが売られていたので
    特に目的もなく1個だけ買っておいたんです。
    『誰にあげようかな?』と考えながら。

    こんなやつね↓





    でも、特定の人が浮かばなかったので

    年が明けて一番最初に会った人にあげよう!


    と、決めました(・∀・)

    元日はどこにも出かけなかったので
    結局、誰にも会わないまま終わりました。

    キットカット、待機中(笑)。

    で、2日。友達からメールが。
    予定がなくなったのでお茶でもどう?と。


    ┌┤´д`├┘あげる人、みっけ!


    うん!

    見つかっただけで嬉しくなってきたーヽ(‘ ∇‘ )ノ(単純)

    でも、もっと嬉しくなることに気づいたんです!

    このキットカットの裏にはポチ袋が付いているんです。
    てことは、もちろん、こういうことです。


    ツキ金を入れようヽ(〃´∀`〃)ノ



    我ながらグッドアイデアで、またまた嬉しくなりました!

    そのポチ袋に1円入れ、メッセ欄にメッセージを入れ、
    彼女に渡したところ、私の想像をはるかに上回る勢いで
    めっちゃ喜んでくれたー!わーいヽ(‘ ∇‘ )ノ


    今年は幕開けからイイ感じじゃないの〜(ノ≧▽≦)ノ〜


    ところで、去年の秋、私は初めて神社ミッションをしました。
    そのとき、そのあと、いろんな気づきや出来事がありました。
    結果的にすごくよかったと思っています。

    なので、新しい年が始まるとき、つまり初詣でも
    やらなきゃ〜と思っていたのですが、
    なかなか勇気が出ませんでした。(1万はキツイ^^)

    でも、心にはいつも「そろそろしなきゃ、いいかげんしなきゃ」
    という気持ちがあったのです。(なぜか義務感・笑)

    そんな気持ちのままで過ごしているのはかえってよくない
    とも思いながら日は過ぎていきました。


    少し前のある日。
    その日も朝から「今日こそは・・」と思ったり、
    やっぱり思わなかったり(笑)、とにかく潔くない私(笑)。

    そんなモヤモヤ〜とした気持ちで買い物に行きました。

    とある雑貨店におしゃれな植木鉢が並んでいました。
    ちゃんと見てみようと鉢を手に取ってみたところ
    な、なんと、鉢の下にある受け皿が鉢にくっついていて
    一緒に持ち上がった状態になったのです!

    私が持ってたのは鉢の部分だけです。

    うわっ、これはまずい!

    と思ったのも一瞬のこと。

    次の瞬間に、その受け皿が床に落ち、
    真っ二つに割れたのです。ヽ(‘A`)ノェェェ

    慌ててすぐにお店の方を呼んで、
    これこれこういうことになってしまいましたので
    私、買わせていただきます、と伝えました。

    事実は事実なので(お皿がくっついてきたということ)、
    それもちゃんと伝えておきました(^^ゞ

    たぶん、お皿に貼ってあった値札ともう一枚シールの
    粘着物質が、上の鉢をくっつけていたのだと思います。^^
    でもさすがに陶器だから重みに耐えることはできず
    一瞬で落ちてしまった、ということでしょう。

    お店の方も「不可抗力ですからいいですよ」
    と言われましたが、私が絡んで起きたことですから
    私は「買わせてください」と引き下がりませんでした(笑)。

    そんなわけで、2人でレジカウンターに行ったところ、
    そこには女性の先客がいらっしゃいました。
    といってもまだ商品は手に持ったままでお会計はまだ。

    狭いお店なので私に起きた出来事のことは
    彼女も知っていて当然です。

    目の前のカウンターには私が買う鉢があり、
    私は割れたお皿を指して、

    「これってボンドでくっつきますよねー?」
    「はい、大丈夫ですよー」と店主。
    そんなフレンドリーな会話になっているところに、

    不思議なことが起きたのです。


    何が起きたと思います?


    その女性が、私にこう言ったのです。



    つづく・・・



    ┌┤´д`├┘ここで? マジ?



    はい、マジ。(笑)
     

     

     

    *後日追記 → 後編をリンクしました。


    ヒーリングルームCOMY 
    http://comy-reiki.com


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM