ご報告

0

     

    少し前のことになってしまいましたが、

    ご報告させていただきます。

     

     

     

     

    愛犬ハルが天に旅立ちました。

     

     

     

    進行する心臓病を患っていたので

    お別れする日がそう遠くないことは

    分かっておりました。

     

    ですが、

    今年に入ってからも元気すぎるくらい

    元気だったのである意味突然でした。

     

     

     

    ブログでも度々登場していましたので

    ハルに親しみを持って下さった方も

    いらっしゃるかもしれません。

     

     

    また、レイキ復習会のときには

    ハルと直接対面した受講生さんも

    たくさんいらっしゃいましたよね。

     

    お客様がみえると吠えてばかり。

    ちょっとでも触ろうとするなら

    逃げ回って絶対に触らせない犬でしたが、

    性格がそうさせるのであっただけで、

    心は優しいハルでした♡

     

     

     

     

     

     

    ハルに代わりまして、ご挨拶を。

     

     

     

     

     

     

    皆さん、いままでありがとう♡

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     ゚+*:;;:* *:;;:*+゚ ゚゚+*:;;:* *:;;:*+゚

     

     

     

     

     

     

     

     ゚+*:;;:* *:;;:*+゚ ゚゚+*:;;:* *:;;:*+゚

     

     

     

    私は今までずっと、

     

     

    ハルがいなくなったら私はどうなるの?

     

    廃人みたいになってしまうかも。

     

     

    そう心配していました。

     

     

    私が今までペットを飼えなかったのは

    「死」を経験しなければならないからです。

    こんな辛いことを経験する勇気がなかった。

    それが一番の恐怖だったんです。

     

     

    でも、ハルと出逢った。

    運命的に、出逢ってしまった。

     

     

     

    ハルのおかげで私の人生は

    楽しくて幸せに満ちていました。

     

    でも同時に、

    私の人生は恐怖にも満ちていました。

     

     

    人生は表裏一体ですからね、

    手に入れた瞬間、失い始めます。

    生まれた瞬間、死に向かいます。

    二つでセットですよね。

     

    振り幅だって比例しますから、

    ハルを大切に思えば思う分、

    ハルが好きで好きで好きな分、

    その恐怖も大きくなりました。

     

     

    そして、ついに、

    私の恐怖が現実となりました。

     

     

    で、私がどうなったかというと、

     

     

     

     

     

     

    現実を粛々と受け止めておりました。

     

     

     

     

    悲しくて悲しくていっぱい泣いたけど

    自分がどうにかなってしまうことも、

    廃人になることもなかったです。

     

     

    もちろん今でも時々、

     

     

    ハルに会いたいよぉ〜〜。゚( ゚இωஇ゚)゚。

     

     

    という気持ちが抑えられなくなって

    涙が溢れることはありますが、

     

     

     

    私は意外と大丈夫です。

     

     

     

    ブログでのご報告が遅れたのは

    ふさぎ込んでいたのではなく、

    ちょっと体調を崩していたからです。(汗)

     

     

    ハルが病気と戦い始めたのは一昨年の夏。

    秋には奇跡が起きて元気になったとはいえ、

    医学的根拠もないまま「なぜか生きている」

    というかんじで生きていましたので、

    いつ何時、あの悪夢が再発するかわからない

    という緊張感で私は毎日過ごしていました。

     

    最後の2週間はその緊張感もMAXだったので、

    私としては1年半もの間、人生で一番の恐怖を

    かかえて過ごしていたことになります。

    今思えば、すごいストレスだったと思います。

     

    ハルの命が終わってしばらくは

    緊張の糸も張りつめていましたが、

    そのあと、これでもかっ!という勢いで

    どどどーっとしわ寄せがきてしまい、

    ちょっとしんどかったのです(;^ω^)

     

     

    でも、もう元気ですからね!

    ご心配なく(^▽^)/

     

     

     

    ハルは、死の直前まで力強くて

    たくましくて、カッコイイ犬でした。

    そして、最後までカワイイままでした。

     

     

    ハルのとの最後の2週間を記録した

    ブログがあります。

     

     

    これを書くことがハルが生きた証であり、

    ハルと私が一緒に生きていた証でもあるから

     

     

     

    そう思って、頑張って、力(魂)を込めて

    書き上げました。

     

     

    ハルの供養になると思いますので、

    よかったらぜひ読んでみてください。

     

    ↓   ↓

     

    チワワのハル君

     

     

     

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     


    レイキ/リンパケア/アクセスバーズ
    ヒーリングルームCOMY
    http://comy-reiki.com

     

    *ご予約お問い合わせはこちらまで

    reikicomy@yahoo.co.jp

     

     

     

     

     

    JUGEMテーマ:ペット

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM