コロナのインチキが世界にばれていく

0

    びっくりです!

    昨日の平塚さんの動画が

    もう見れなくなってました( ゚Д゚)

     

    新しく作ったばかりなのに

    もうBANされるなんて、酷すぎるよね。

     

    マスクを外そう!

    俺らは奴隷じゃねーんだ!

     

    の言葉、気に入ってたのにな〜(;´・ω・)

     

    悔しいなーーー٩(๑`н´๑)۶ プンプン

     

     

    さて、今日は国際情勢解説者の

    田中宇(さかい)さんの記事をご紹介。

     

     

    田中宇の国際ニュース解説

    2020.9.2

    【コロナのインチキが世界にばれていく】

     

     

    一部抜粋します。(全文はコチラ

     

     

    米国(や世界)で行われている新型コロナの

    PCR検査が感度を過剰に上げて行われており、

    PCRで陽性になった人の9割がコロナに

    感染していない誤判定であることをリーク。

     

    新型コロナは、ウイルスが咽頭に100万から

    1億個ぐらいの単位で付着していないと

    感染しない。咽頭にウイルスが10個とか千個

    ぐらい付着するのはよくあることだが、

    この程度の数だと免疫力が落ちている人でも

    感染せずに終わる。

     

    PCR検査の過剰な増幅と並んで、

    コロナ以外の持病などで死んだ人の死因を

    コロナにしてしまうインチキについても最近、

    米政府のCDCが認め始めている。

    CDCが発表したデータを調べたところ、

    米国の統計上の「コロナによる死者」

    16万5千人のうち、コロナが主たる死因だった人は

    6%にあたる1万人にすぎなかった。

     

    コロナの感染者がほとんどいない状態になっても、

    PCR検査で過剰な増幅を行い病院に

    補助金を与えたりして死因をごまかせば、

    コロナの統計を何倍にも水増しし続けられる。

    実際の感染者がゼロになっても、感染者や

    重症者や死者がどんどん出ているかのような

    構図を維持し、危機を永続化できる。 

     

    だが最近、歪曲の構造を米当局自身が認め始め、

    コロナ危機のインチキが世界的にバレていく

    流れになっている。コロナ危機のインチキを

    米当局自身が間接的に認める流れは今後も続く

    と私は予測している。

    それがトランプと共和党を優勢にするからだ。

    米国では、民主党がコロナ危機の歪曲を真に受けて

    都市閉鎖やマスクの義務化を積極的にやる傾向が強い。

    民主党は「大きな政府」を好みコロナ危機はそれに合致している。

     

    世界的にコロナ危機を誇張して永続化させる

    策略を最初に考案したのは多分、トランプ以前に

    世界を支配していた米英の軍産複合体・諜報界だ。

    バイデンら民主党の中道派もそこに属している。

    軍産は以前から世界を変えるパンデミックの話をしていた。

     

    軍産はトランプの敵だが、

    トランプはコロナ危機の誇張と長期化を

    いったん認め、今のような状況になってから、

    コロナ危機が誇張されたインチキであることが

    ばれていく流れを誘発し、

    民主党と軍産を自滅させる策をとっている。

     

    トランプは、自分の傘下にあるCDCなどに

    コロナのインチキをやらせる一方で、

    共和党の草の根勢力に対しては、インチキな

    コロナ危機に負けずに乗り越えろと扇動している。 

     

    欧州では最近、ドイツや英国で都市閉鎖が

    愚策であるとして反対し、マスク義務化も

    コロナを抑止する効果がないのにやっていると

    反対する市民運動が急拡大している。

    欧州の運動の主流は今のところ、

    コロナ自体をインチキと言わず、

    コロナを重篤な感染病として認めた上で、

    都市閉鎖やマスク義務化などの対策を

    愚策で間違っていると主張している。

     

    私の予想通りにトランプが今後さらに

    コロナ危機の歪曲構造を隠然と暴露していく

    策略を続けると、欧州のコロナに関する市民運動は

    コロナ自体のインチキ性に気づき始め、

    コロナの重篤性を真に受ける状態から脱し、

    コロナ自体の歪曲性を批判するようになる。

    欧州の反コロナの市民運動はいずれ米国にも飛び火していく。

    この変化が日本や韓国まで来るかどうかはわからない。

    マスコミは世界的に今後もコロナ危機を誇張し続けるので、

    これらの展開を知らないままの人も多くなる。 

     

     

     

    トランプさん、さすがーーヾ(*´∀`*)ノ

     

     

     

    話は変わって、昨日のお昼、

    アボカドチーズトーストを作ったら

    これが意外にも美味しかったので

    今日は夫に作ってあげました( ´ ▽ ` )ノ

     

     

     

     

    簡単すぎて美味しすぎるので

    超おススメです( ´ ▽ ` )ノ

     

     



    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM