レプティリアン

0

    今日ひさしぶりに

    エア・アチューンメントしました✨

     

    そのあと母にも遠隔で

    アチューンメントやってあげました。

     

    背骨骨折して弱気になってるからね。

    大したことなく自然治癒で大丈夫なんだけど

    すぐネガティブモードに入る人なので

    時々、光を送ってあげないとねー✨

     

     

    さて、昨日ブログを書いたあと、

    みつろうさんのブログ見てびっくり!

     

    アメリカでバシャールが批判されて

    バシャール離れが起きているんだって!

     

    昨日私が書いたようにバシャールが

    イルミナティだと思われたみたいです。

     

    バシャールは、コロナは危険と言って

    マスクをするよう勧めているらしい。

     

    これには驚きました。

    そして、やっぱりそうだったのか。

    と思っていましました(-_-;)

     

     

    でも、みつろうさんは、

     

    人は、自分が正しいと思っていることを

    相手に言ってほしいから、

    違うことを言われると拒否反応が起きる。

    だから結局、「自分が信じたい事」を

    誰かの口から聞きたいだけなのだ

     

    と書かれていました。あと、

     

    人間とは、なんと情けなく、

    卑怯な生き物だろうか。

     

    とも。

     

     

     

    う〜〜ん、なんかね〜〜。。(~_~;)

     

    こんなこと書くと、

    私もみつろうさんの意見に

    拒否反応を起こしている卑怯な生き物

    ってことになっちゃうのかな??

     

    自分が信じているという意見なら、

    みつろうさんの言ってることは分かりますよ。

     

    でも、コロナはウソ(偽パンデミック)

    だということは事実であって、

    個人の意見ではないですよね。

     

    テレビ見てコロナ脳になっている人が

    コロナが怖いという意見を持っている

    というレベルじゃないんです。

     

    だって、バシャールですよ。

     

    なんでも知ってるバシャールですよ。

    なんでコロナのことは知らない?

    ていうか、なんでカバール側の考えなん?

     

    おかしな話だと思って当然だわ〜。。

     

     

    そのあともみつろうさんの

    持論が書かれていました。

     

    今まですんなり受け入れられてたのに

    今回だけは受け入れられなかったです〜。

     

    こんなこと思うの私だけかなぁ(;´・ω・)

    ごめんなさい(__)

     

     

    ただ最後に、

    「バシャールが言ったことの真意、

    そのうち分かると思います」

    とも書かれていたので、

    何かもっと奥深い理由があるのかもしれません。

     

    なので、一旦保留にして

    そのときを待つことにしようかな。

     

    あと、それから、

    バシャールを知ってる人は、きっと

    マシュー君も知っていますよね?

     

    私は今は全く読んでないんだけど

    昔はときどき読んでいました。

     

    オバマ大統領が就任した頃だったかな?

    マシュー君は、

     

     

    オバマは光の人だ

     

     

    って言っていたんです。

     

     

    もちろん私は信じました。

    だって見た目の印象もよかったし

    マシュー君が言ってるんだから

    疑いもしなかった。

     

    それから何年もマシュー君のブログは

    読んでなかったんですけど、

    今年になってカバールのことを知って

    オバマがどんなに「悪」だかわかったとき

    天地がひっくり返った気分になりました。

     

    でもそれ以上深くは考えなかったです。

     

    それが今回、バシャールがイルミナティ??

    という話を聞いたことで、

    もしかしてマシュー君もそうなん??

    と思ったんです。

     

    マシュー君がそうなのか、

    チャネリングしているお母さんがそうなのか、

    分からないけど。

     

    どっちであれ、

    私にとってはもう興味ないことなので

    どうでもいい話といえばそうですけどね(笑)

     

    この話に限らず、

    最近どんどん真実があぶり出されて

    信じていたものが吹っ飛んでいくーーー

    L(・o・)」 オーマイガ

     

     

    まあ、それもこれも、黄金時代が

    すぐそこまで来ている証拠ですね。( ´艸`)

     

     

    オバマはレプティリアンだわ。

    てか、カバールたちはほぼそうでしょう。

     

    レプティリアンとは、

    ヒト型爬虫類/爬虫人類 です。

    吸血したり生肉を食べます。(ここ覚えておいて!

     

    レプティリアンは食料を求め

    250万年前に地球にやってきました。

    地球上にいた四足歩行の猿を食用にし、

    また労働力も必要だったので遺伝子操作し

    二足歩行できるようにもしました。

    その後、小間使い、技術者、戦闘員、繁殖用に

    遺伝子操作された類人猿は23万年を経て

    人類へと変貌していきました。

     

    つまりレプティリアンは私たちの祖先

    ということですね(;'∀')

     

    異種間遺伝子操作により、レプの遺伝子を

    80%継承する者50%20%継承する者が誕生。

    年月を経てホモサピエンスと変わりない容姿に

    なるレプも現れるようになりました。

    吸血や生肉を食べるために地下にコロニーを作り

    食肉用として類人猿を飼育していました。

    そして、これは、

    今日まで至っています。(ここも覚えておいて!

     

     

     

     

    と、この本に書いてあります!

     

     

     

     

     

    分かりましたよね。

    つまり、そういうことなんですよー(;´༎ຶД༎ຶ`)

     

     

     

    カバールはみな、

    小児性愛者、悪魔崇拝者、カニバリズム。

     

     

    吸血=アドレノクロム

    生肉を食べる=生贄儀式

     

     

    最初、この事実を知ったとき、

    人がなぜそんな残忍なことができるのか

    不思議でした。でも、

     

    レプティリアンだもの。。。

     

     

    友達も同じこと言ってました。

    どうしても信じられなかったけど

    レプティリアンのことを知ったことで

    納得できて逆にスッキリしたと。

     

     

    毎年何十万人もの子どもたちが

    彼らの餌食になっていたのです。

    トランプさんがいてくれて本当によかった(;´༎ຶД༎ຶ`)

     

     

     

    最後に、動画をリンクしますね。

    悪魔崇拝儀式の被害者の証言です。

     

    (閲覧注意}となっているのは

    内容が強烈だからであって

    怖ろしい画像があるわけではないので

    心配しないでね。

     

     

    子どもはウソはつきません(இдஇ )

     

     

     

     

     


    コメント
    お、よしみ姉さんも気が付けれましたか〜この世はトンデモ世界ですよ。トランプさんが頑張っています。
    https://youtu.be/Okl7WblXNVY
    • モアイ
    • 2020/09/20 9:42 PM
    はい、ブログにはなかなか書いてませんでしたが、
    もうずーっと前から知ってましたよー!
    もちろんタイムラインも全部観てます(^^)v
    緊急放送、GESARA、いよいよですねーー。
    ワクワクです(*'▽')


    • よしみ
    • 2020/09/20 11:23 PM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM