宮古島 つづき

0

    来間島から戻り、まだ夕方までは時間があったので

    ホテルの近場をドライブしてみました。

    その後、夕食。

    結局、ホテル内のレストランで済ますことになりました。


    ほんとは、地元の居酒屋的なお店で楽しく過ごしたかったけど

    ホテルの近辺にはそういうお店がなく、

    お腹もすいてきたので、てっとり早く食べられるホテルに

    したというわけです。


    チェックインのときに、レストラン シャングリ・ラ

    ディナーブッフェの割引券ももらったことだしね(^−^)

    ¥3800 → ¥3300 というチケット。

    500円は大きいよ。二人で1000円だもの。


    とはいえ、実は私、ブッフェスタイルは基本あまり好きではないんです。




    ┌┤´д`├┘ それは、君では元が取れないからということか?



    そうそう。

    って、そういう意味じゃなくてーー!!


    いろいろありすぎると、どれを食べていいか分からなくなるわけ。

    お腹に入る量に限度があるから、どれを選択すればよいか

    分からなくなったり、しかも、おいしそうに見えて取ったものが

    そうじゃなかったときに、自分で取ったものを残すというのも

    気がひけるので、それを考えたらなんだか躊躇してしまい、

    結局、どれもほんのちょびっとだけをお皿にのせ

    そして、ちょびっとずつ食べるというスタイルをしていると、、、









    いったい自分がどれくらい食べたか分からなくなる






    という事態に陥るわけです。

    お腹いっぱいになってるようななっていないような。。

    だったら、満腹中枢の胸倉つかまえて、

    どうなってるんだ!

    と問いただせばよいわけですが、

    たくさんのお料理を目で味わってしまったことによって

    その神経も混乱してしまってるようなので、

    ここは自力でいくしかないと、自問自答するわけです。



    私って、今、お腹いっぱいなの?


    それとも、まだイケる?


    イケるの、イケないの、どっち?





    ┌┤´д`├┘  たぶん、イケてないくちだと思われる。




    そっちのイケるじゃなくて!!!



    ほんとに、自分のお腹がどうなってるか

    皆目見当つかなくなってしまうわけです。

    なので、こんなことも起きるわけです。


    どんなときでもデザートは外せないということで、

    満腹メーターが分からないなりにも

    デザートスペースを胃のどこかに設けておくわけです。

    そして、そのデザートを食べる。

    そして、食べ終える。


    すると、もうこれで食事は終わってしまったんだ。。

    と、急に黄昏的な気分が襲ってくるわけです。

    もしかして、私、ほんとはもっと食べられたのではないか?

    満腹中枢のふがいなさのために

    まだ入るのにストップしてしまってるだけではないのか?

    という疑惑までもが持ち上がり、、、

    、、、、、、、、、、、、、、、、、、、





    そうこうしているうちに、

    デザートを食べ終えた娘が一言。







    もう一回、ステーキ食べようかな





    彼女は、私のように中枢神経うんぬんとか

    そんなややこしいことは考えておりませんよ。

    ただ、甘いものをそれほど好むタイプではないので

    甘いものを食べたあとは、塩辛いものが食べたくなるというわけです。




    娘  ママも食べない?


    私  うーん、いいや。


    娘  じゃ、一口だけ食べたら?


    私  うん。そうする。



    といって娘はステーキをもらいに行きました。

    そして、一口もらったステーキの美味しかったこと!(笑)

    さらには、このブッフェの中で一番おいしかったねと

    二人の意見が合ったパスタまでもらってきました。


    また一口もらった私。

    うまい。。

    人からもらうものって、なぜにこんなに美味しいの?(笑)


    そんなこんなで、食事タイムは終了。

    あとは、部屋に戻って今日の疲れを癒すべくゆっくり休むのみです。


    と、書いてる今の私も、同じく休憩モードに入りそうですが、

    気づいてみたら、ここまで夕食のことしか書いてなかった。。(^_^;)


    たった夕食ひとつでこんなに時間とスペースを費やしている私って、一体。。。(汗)



    反省を踏まえて、ここからは、なるべくスピードアップして

    書きたいと思います。 言っておきますが、

    なるべく。



    2日目。

    今日は丸一日過ごせる日です。

    私の計画では、夢来人に行って、そのあと東平安名崎に行って、

    そしてどこかでお昼を食べて、次のホテルにチェックイン。

    それから上野ドイツ文化村で遊ぶという流れでして、

    ほぼその通りというかそれ以上に順調に任務を遂行できました。









    ここは住所は分からなかったのですが、

    事前にネットで調べたので、大体の位置はわかっていました。

    でも、実際迷うのではないかと思ったけど、


    えっ? ここ? もう着いたわけ?


    というくらいいとも簡単に、しかもホテルから

    大して時間もかからずにたどり着くことができました。

    観光客用に駐車場、パーラーも作られていて、

    警備員さんが常駐されてるようでした。

    私たちが着いたときは、他に1組の観光客がいただけ。

    警備員のおじさんは、とってもフレンドリーで優しくて

    「さっき宿泊客が帰ったばかりで、今日は一日オフだよ。

    ノッチさんももうすぐ出かけるから、早く車停めておいで」

    と駐車場を指さしてくれました。


    その後は、他の観光客も帰って、私たち二人だけになり

    しばらく警備のおじさんとおしゃべりしていました。


    ビーチボーイズのメンバーたちが私たちの横を通って

    民宿のほうへ入っていったとき、

    こちらから声をかけるのも迷惑かな〜と思っていたら

    向こうから、「こんにちわ〜」と言ってくれました。

    なのですかさず「こんにちわ〜、いつも見てまーす♪」

    と言ったら、「ありがとうございま〜す」という爽やかな声。

    ノッチさんも、向こうから「こんにちは」と声をかけてくれました。

    皆さん、いい感じでしたよ。


    警備員のおじさんとおしゃべりしてたら、

    民宿の玄関前にいたノッチさんがこっちに向かって歩いてきました。

    私たちのほうじゃなく、駐車場に向かわれているようでした。

    そしたら、警備のおじちゃんが

    「ノッチさん出かけるんだと思うよ。

    今なら写真撮ってもらえると思よ!声かけてごらん!」

    と、遠慮がちな私たちの背中を押してくれるではないですか!

    押してもらったからには突き進むしかないと思い、

    「ノッチさーん、 写真撮ってもらっていいですか?」

    と言って近づいていったら、

    「いいですよ!」

    と笑顔でこたえてくれて、3人で写真撮ってもらえることに。


    もちろん、カメラマンはそのおじちゃんです。


    ただ、、


    ただ、、


    ふつう、写真を撮ってもらう側には、撮ってもらう体勢づくり

    というのがあるじゃないですか〜

    「いい? 撮るよ〜」 とか言ってもらってから動くというか。

    そして、「はいチーズ!」といった手順を踏むのも

    もはや、人びとの間では定説になってるじゃーないですか〜。


    それが、そのおじちゃん、タイミングがちょっと違うといいいますか、

    そろそろ撮られる体勢に入ろうと髪に手をかけて直したりしていた

    そんな体勢準備期間中に、何も言わずにシャッターを切っていただいたというか、

    つまりは撮り終えてしまってました。。。(+o+)


    残念ながら、ここにアップできるような写りではなかったのでした。

    ああ。。


    そのあと気をとりなおして、パーラーでマンゴージュースを飲み、

    その場をあとにしたのでした。

    夢来人の感想は、テレビで見たまんまでしたよ。


    その後は、東平安名崎に向かいました。

    途中、比嘉ロードパークに寄りました。





    そして東平安名崎に向かう途中で、またビーチを発見!

    そこはこんな感じでした。





    右手のオレンジの看板にご注目下さい。










    みよし屋です。



    なんとも親近感のわくビーチハウスではないですか(^−^)



    そして、その後、東平安名崎に到着!








    絶景ですよ、絶景!

    お天気もめっちゃいいでしょ〜〜〜(^v^)

    気持ちよかった〜〜〜〜(^v^)




    そのあと、このお店でランチを食べ、







    そして、2泊目のホテルへ到着。



    南西楽園 ホテルブリーズベイマリーナ

    ベランダからの眺め







    ここは、上野ドイツ文化村の隣なんです。

    なので、チェックインしたあと歩いて行ってみました。






    そろそろこの辺で、私の写真もアップしておきましょうかね。^^

    あまり、いい写りのものがなくて、お恥ずかしいのですが。

    しかも、半目になる少し手前といった眠そうな表情なのですが。


    ともかく、あしからず。^^











    実物はもっといいのでーーー!!




    ┌┤´д`├┘ 聞き流しておいて。





    というわけで、今回も長くなってしまったので、

    このへんで終わりにしたいと思います。

    こんなにいっぱい書いて、果たしてみんな読んでくれてるのでしょうか。。

    しかも事細かにねぇ。(笑)

    ひとの旅行のことなんて、さほど興味もないって言われるかもしれませんが、、、


    ま、いいや。

    こういうの書くのが私の楽しみなもんで。


    それに、10年後くらいに、


    そういえば、初めて宮古島に行ったときは感激だったよなぁ〜

    どんなことしたんだっけ?


    と、宮古に行ったことは覚えていても、そこでどんなことをしたかと

    いうことまでは覚えていないこと、ほぼ間違いないわけです。

    だって、10年後はかなりのおばちゃんになってるわけで。。

    記憶が幻に変わることもあり得るわけで。^^


    だから、10年後の私のフォローのために

    今、私は、頑張って書いているんだよ。


    という大義名分のもと、

    つまりは、

    自己満足、自己満足!!(笑)



    だから、宮古島報告はまだまだ終わらないんだよ〜。




    それじゃ〜、また次回!



    私のサロン、COMYの 最新情報

    BIGELOWのハーブティー入荷しました!!

    ヒーリングルームCOMY(コミー)
    http://comy-reiki.com/


    コメント
    おかえりなさい!

    あ、宮古は数年前に行きましたの。写真はサイパンでした。

    満喫されたようでよかったですね〜。海ぶどううまいっすよね〜私も大好きです。
    • okami
    • 2011/05/13 7:16 PM
    okamiさん


    サイパンだったんだ〜〜

    私はサイパンには行ったことないです。
    また話きかせてね♪

    海ぶどう好きの人、結構いるんだねー(笑)
    また美味しいのが食べたくなったら
    花花にでも行こうかな(^−^)

    • よしみ
    • 2011/05/15 1:19 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM